おうちカフェ

光浦醸造のフロートレモンティー/好きなものとの距離感

甘いものもお酒も飲まない私が、唯一楽しみにしているのがティータイム。

今日の紅茶日記で紹介するのは、光浦醸造のフロートレモンティーです。いろんな紅茶買ってきたけどこんな紅茶は初めてでした。

光浦醸造のフロートレモンティー

味噌や醤油を作る光浦醸造工業から出ているレモンティー。

こっくりとした黄色の箱が可愛い。

紅茶のパッケージって可愛いものが多いので、箱が捨てれなくて困りますよね。紅茶好きは漏れなく箱収集家になる。

この箱も目に入れても痛くないほどに可愛いので、飲み終わるまで箱に癒されようと思います。

なんとですね、この紅茶、フロートレモンティーというだけありフロート(乾燥)したレモンがティーパックと一緒についています。

こんな風に中にレモンが入っていると思ってなかったので驚きました。すごいな。

レモンは瀬戸内レモン。乾燥して乾燥剤とティーパックと一緒に梱包してあります。

瀬戸内レモンってだいぶ前からブランドとして流行ってますよね。

瀬戸内レモンシリーズだとこのいか天が大好きです。先輩がお土産でくれて知ったのですが、これはたまに食べたくなるぐらい美味しい。

 

レモンティーは酸味がはいって口がさっぱりして好きですが、レモンをいちいち切るのはめんどくさい。そんなめんどくささを省いてくれるっていいですね。

実際に浮かべてみましたが、ほんのりとレモンの風味が香ります。乾燥してあるので皮のえぐみなども少ないかも。何よりすぐに手軽にレモンティーを味わえるのが素敵。

紅茶自体はあっさりしていて特にクセがない茶葉でした。

乾燥レモンが入っている紅茶なんて珍しいから、ギフトとしても喜ばれそうですよね。これをプレゼントされたら嬉しいだろうな。

甘いものってメジャーだから紅茶とかお茶系をもらえると私はいつも嬉しくて踊ってしまいます。

光浦醸造さん、他にもフロートレモンシリーズ販売されてて、どれもかわいいです。

 

 

ティーカップはnarumiです。

好きなものとの距離感

紅茶が好きだから紅茶ばかり飲んでいる。たまに飲み過ぎるとカフェインのせいか分からないけど気持ち悪くなる。好きでもたくさんは飲めないのだなとその度にちょっぴり残念な気持ちになる。

好きなものでもたくさん摂取すると毒になることもあるのかもしれない。

今ものすごくハマっている漫画がある。その漫画が好きすぎてその漫画を思うだけで辛い気持ちになる。好きなのに辛い気持ちになるって不思議だが、どうにも胸が苦しい。

この文章を書いていても漫画のことを考え出してしまうぐらいだ。…これって恋?

そういえば少女漫画で「好きだから距離を置く」というキャラクターいたよね。昔はそんなキャラの気が知れなくて「いいじゃん!両思いなんだから!」と思ってたけど、今ならわかる気がする。

好きすぎてずっとそのことばかり考えてしまい、生活がうまく回らなくなるぐらいきっと好きなんだ。はあ、なるほどね。こんな感じかあ。

ってことで、好きなものとは距離感が大事なのかも知れない。あまりにも寄り添ってしまうよりは、ちょっと半歩後ろぐらいから見守るぐらいがいいのかもな、なんて思った。

 

▶︎紅茶日記

vol.1 ひしわダージリンブレンド紅茶/階段から滑った話

vol.2 クスミティー/地味なことをコツコツ続けること