本と漫画

完結してるスポーツ漫画5作品をオススメしながら思い出に浸る

スポーツ漫画っていいですよね!今でもハマって読むのはスポーツ漫画だったりします。

実家に大量の漫画があったんですが、その多くがスポーツ漫画で、スポーツ漫画を読んで育ちました。

あげるとキリがないですが『タッチ』『H2O』『ドカベン』『はじめの一歩』『ダンドー』とか。

最近だと『ベイビーステップ』『ハイキュー』『スラムダンク』『mr.フルスイング』『おおきく振りかぶって』『弱虫ペダル』『リアル』『ハリガネサーブ』などなど

その中でも完結して、昔好きだった漫画を今回は紹介したいと思います。

紹介というか、ほぼ思い出を語るような形です。どれも古いので、もはや単行本が新刊では買えないような気がしますが機会あったら読んで欲しいです

B.B

 

最初っからネタバレなんですが、最後には拳で戦争を止めるボクシング漫画です。

もうね、すごい。何言ってるかわからないと思いますが、途中から戦争に拳で介入していくんですよ。

主人公はなんやかんやあってボクシングを始めるんですが、後に1cmあれば爆弾のようなボディーブローを打てる人間兵器へと成長していきます。

拳一個で銃の中戦うんですよ…かっこいい…

この作者の好きなところは主人公を取り巻く周りの憎めないキャラクターたちでしょうか。はじめの一歩でいうところの宮田くんみたいなやつが出てくるんですが、そいつもいいやつだった気がします。

けっこう残酷な描写が多かった気がしますが、好きで何回も何回も読んでました。今でもたまに読みたくなる。調べたら私が生まれる前に連載終了してた…うそ…

LOVe(ラブ)

 

逆ハーレムテニス漫画。少年版花ざかりの君たち。なので、主人公は女の子。ちなみに主人公のお父さんは上記で紹介した「B.B」の主人公である。

男である幼馴染とテニスで対等に戦いたいために、女ということを隠して男子高校に入学するところから物語ははじまる。

ここまで書くとあるあるネタなんですが、この漫画はさすが少年誌。

女なのに坊主にするわ、シャワー室でパンツ見られるわ、テニスボールで顔とかボコボコにされるスタートを切る。ひどい!

しかし、主人公の父親は世界的なボクサーという設定なので辛い状況にも負けないし、喧嘩も強くて、逆に女に惚れられたりします。

テニスの描写はテニプリとベイビーステップの中間ぐらいの感じ。技は出てくるけど現実離れはしてなかったように思う。自然を感じる技名が好き。

何がいいって主人公の成長と一緒に、周りとの関係も変わっていくところですね。信念(恋?)のために強く進んでいく主人公の最後の試合は泣けます。

この作者が描いたパスポートブルーという宇宙漫画も面白いよ。

リングにかけろ

 

小さいときになぜか何回も読んでたボクシング漫画です。聖闘士星矢でお馴染みの車田さんが著者。

とにかくボクシング漫画なのに華があるんですよね。蝶蝶とか舞うし。キラキラした感じ。内容は泥臭いんですが、画面が華やかで。それが好きで読んでました。

やっぱりボクシング漫画のいいところは主人公がハードな環境からはじまるところですよね。はじめの一歩しかり。

もっと泥沼のような環境から這い上がる漫画読みたい~~~~!

風光る

野球漫画。主人公は野球部ですが、背も低く上手じゃないのでベンチ選手。

しかし、ひとつだけ特技が…それはモノマネ!プロ野球選手のモノマネが抜群にうまいのです。

そんなところ、新しく転勤してきた野球部の顧問の学生時代のピッチングの真似をしたところから、いきなり試合に抜擢。プロ選手のモノマネで実際にピッチングをして勝ちにいくっていうストーリー。

昔は「いやいや、モノマネだけでそんなうまくいくわけないでしょ」と思ってたんですが、大人になるにつれモノマネは理にかなっているなぁと。

モノマネできるって、ものすごい観察力と、自分の身体をコントロールする力が必要ですから。あらためて読み始めると、おもしれーってなりました。

ちゃんと才能を見抜いて活かす人がいるってことって大切だなぁ。

テニスの王子様

 

通称テニプリ。
銀魂の最終回でテニプリのオマージュがあって懐かしくなりました。

私自身、読んでいたのをまったく覚えてませんでしたが
新テニスの王子様を読んだところ「私、むかしテニプリものすごく好きだったわ!」と思い出しました。記憶どこに行ったのかしら。

テニプリはもはや異種格闘技ってかんじで、私は手塚ゾーンあたりでちがう漫画として読み始めたなぁ。いろいろとツッコミどころもあるんですが、なんだかんだ面白いんですよね。たぶんキャラクター造形がいいんだと思う。新テニスの王子様も1巻からぶっちぎって面白かったよ!

あと作者の人がすごい。今だにいろんな細かいネタを配給し続けているし、2.5次元ミュージカルのテニミュも今だに公演しているぐらい人気です。志尊淳、和田正人、斎藤工さんなんかもテニミュ出身。

昔は桃ちゃんが好きだったけど、今読むとぜったいに跡部様にはまりそうなので恐ろしくて漫画を読む手が震えること間違いなし…

 

以上、私のスポーツ漫画回顧録でした。懐かしいなぁ~~~~

今度は完結してないスポーツ漫画についても書きたいなと思います。

どれも面白いからぜひ機会あれば読んで欲しいです。