好きな映画とドラマ

映画『キャロル』の感想。惹かれあった2人の話

『キャロル』
少し肌寒くなったこんな日にぴったりの映画でした。

オーシャンズ8で美しかったケイトブランシェットが出ているので観たくなって。

ブル主演でもう一人はドラゴンタトゥーの女などに出演していたルーニーマーラです。

この実力派の二人がでていて面白くないわけがない。ものすごく素敵な映画でした。

惹かれあうものに男女関係ない

女性同士の恋愛映画なんですが、時代に対してあまり差別的表現を描いてないことから、ただの恋愛映画として観て欲しいんだろうなと私は感じました。

恋愛の心の機敏を丁寧に丁寧に描いてあって。

 

彼女の手が触れ、目があい、目線を外す。美しい人ってもっと見たいのに、見れないもどかしさがある。

 

最初にご飯を食べた時のルーニーマーラーのしどろもどろな演技に思わずうなずく。わかるよ、緊張するよね。

 

始終、ありふれた男女のラブストーリーの感覚でみることができたなぁ。女性同士の恋愛はこうですよ!という押し付けが全くなくて、人間って美しいなぁと感じられるストーリー。

時代だなぁって言っていいか分からないけど、人を好きになるのにいろんなことが関係なくなって行きますようにという願いを感じた。

 

なので良くも悪くも、キャロルに対する感想は始終「ずるい人だな」でした。ずるいずるい。若い子を自分の美貌と色気でたぶらかす。いや、ふたりは恋に落ちているんだからたぶらかすっていい方も良くないでしょうが。

惹かれあってしまったものは、性別なんて関係なくて。あえて差別的な描写をいれなかったからこそ、そんな恋愛のあり方が普通に見えて、とてもよかった。

 

それから、主人公が惹かれた彼女を写真におさめる姿も一瞬の切なさを感じてね。好きな人をファインダー越しに写真に閉じ込めたいと思うのも恋なんでしょうか。ね。

映画に流れる空気感も好きで。最後の彼女の微笑みも、なんか、背筋にぐっときて、今日の肌寒さが少しだけ増した。

 

 

アマゾンプライムで観れますので。ぜひ。

Amazonプライムビデオで観れるおすすめ映画15選(2018.5.24現在) アマゾンプライムってとてもいいサービスですがひとつだけ欠点があるならば、ジャンル別に探しにくいんですよね。 タイトルを知っ...