手芸

裁縫(さいほう)初心者のための基本の道具をまとめてみました。

何か作ってみたい!と思ったときに道具がそろってることはとても大切。

今回は「裁縫(さいほう)をはじめたい」というあなたに、基本の道具をお届けします。

針と糸さえあればOKなんですが、少しこったものを作りたい場合のために、プラスして全部で8点。

レッツ、楽しくお裁縫!

裁縫初心者のための基本の道具

・糸
・はり
・糸きりはさみ
・たちばさみ
・まち針
・定規
・メジャー
・チャコペン
・針山

写真は手縫い用の糸。木綿やポリエステル、絹といった素材でできています。

木綿のタイプは糸がふっくらしているので、ステッチや仕上げのアクセントに使うものいいです。力強くひっぱったりすると切れやすいので注意です。

初心者の人はポリエステルタイプのものが使いやすいと思います。

針も長さや、糸など種類がたくさんあります。

作るものの布の厚さに合わせて選ぶといいです。

分厚い布は細い針だとなかなか布に針が通らなくて大変だし、太い針は薄い布を縫ったときに針を通した穴が大きくて仕上がり具合に影響がでます。

布の目のバランスを見ながら針をチョイスするといいですよ。

 

糸切りはさみ

糸を切るためのハサミ。普通のハサミと違って、糸の切り口が綺麗に切れる。綺麗に切れると糸に通しやすい。

先が尖っているのが特徴。他にも、間違えて縫ってしまった糸を切るときにも役に立ちます。

 

たちばさみ

布を切るのに使います。「ふつうのハサミじゃダメなの?」と疑問ですよね。

ふつうのハサミでも布は切れることは切れます。

しかし、布を切る用の裁ちばさみはふつうのハサミと違って、布の断面が綺麗に切れます。

綺麗に切るだけで完成度も変わります。ぜひ、裁ちばさみは持っておきましょう。

「裁ちばさみを床に落とすと縁起が悪い」という言い伝えがあります。

先が尖っていて足に刺さると危ないから、落とさないように気をつけよう。

また、布以外のものを切ると切れ味が悪くなるから裁ちばさみでは布だけを切ってね。

 

まち針

布を固定するのに使います。

上の飾りが大きいと縫うときに邪魔になるから、小さめの方が使いやすいよ。

 

定規

型紙の線を写すときや、サイズを測る時に。

布の長さを測ったりするときに使うよ。透明のものが使いやすい。

 

メジャー

布のサイズを測る時に使うよ。

1.5~2メートルぐらいのものがあればいいと思います。

 

チャコペン

布にしるしをつけるために必要なもの。種類が豊富。家庭科で使うのは赤と青のものが多いですね。

他にも白いものや、水で消えるものもある。

制作に時間がかかるものは消えにくいペンシルタイプ、すぐに消えてもいいものは水で消えるタイプがおすすめ!

つくるものの布の色や用途に合わせて使おう。

家にない場合は、色鉛筆で代用しちゃおう!

 

針山/ピンクッション

針やまち針を刺しておくのに使います。

いろんな種類や形があるし、自分で作っても可愛いです!

薄いと下に針の先端が出て危ないから、底があるものや、厚みがあるものをおすすめします。

こういうふうにマグネットタイプのマグネットピンクッションもあります。便利そう。

あると便利なもの

このほかにあると便利なもの。

糸通し

これは持っていて損はありません。初心者ほど必要!とても便利。針に楽に糸を通すアイテムです。

 

ピンマグネットクッション

針を磁石タイプでくっつけてくれるタイプノまち針山。

まち針を取るときに、パパッと置いても磁力でひっつくため便利なようです。