ゆるゆるビューティー

可愛くなる方法|私が実践した7つの方法を赤裸々に書いてみる。

わたしは自分の顔が大嫌いでした。

とあるコンプレックスが原因なんですが、本当に嫌いで。

一時期は自分のコンプレックスが嫌すぎて死にたいとさえ思っていました。

大げさかもしれませんし、他人には気にならないものですがコンプレックスってそういうものですよね。一度気にしてしまうとすごく気になる。

でも、やっぱりこの顔で生きていくのは自分。

年月がかかりましたが今ではカメラを向けられればニコッと笑えるし、自分の顔が好きだなあ、と思えます。

コンプレックスがなくなったわけではありませんが「自分の顔が大嫌い」という思いはなくなりました。

そこまで自分を受け入れられるようになったのは「可愛くなりたい」という願望でした。

可愛くなりたくて努力していたら、いつのまにか自分のコンプレックスも受け入れるようになれました。試行錯誤しているうちに、少しずつですが自信がついたんだと思います。

 

わたしは、本人に「可愛くなりたい」という意思さえあれば女性はだれでも可愛くなれると思います。

わたしも大学生になってから「可愛くなりたい」と思って努力をはじめました。今では驚くほど、劇的に顔が変わっています。もちろん整形したわけじゃないです。

自分を知って少しずつですが変わっていったんです。そこにたどり着くまで様々な発見がありました。

その発見をここではみなさんに共有してみたいと思います。

わたしの話

まずはわたしの話を少しだけ聞いていただけますか?

わたしは大学に入るまでに「可愛くなりたい」と強く思ったことがありませんでした。

家庭がバタバタしていたので、あまり自分に興味をもつ時間がなかったことが原因です。

可愛くなりたいとか思うほどの暇がなく、生きることでいっぱいいっぱいで、それどころじゃなかったのです。

それに自分の顔が嫌いすぎて、あまり顔をみたくなかったんですね。顔のことを気にするくせに顔と向き合うのをしていませんでした。

それでも大学にはいって、まわりの可愛い子をみて「わたしも可愛くなりたい!」と思いはじめまたのです。

そこからが大変でした。

だって「可愛くなる方法」なんて知らなかったからです。知らないから「可愛くなりたい」と思っても漠然としています。何をしていいかわかりませんでした。

なぜあの子が可愛いと言われて
わたしは可愛くないんだろう
可愛い子ってキラキラしてみえる
なんで私はキラキラしていなんだろう

そんなことをすごく考えました。

その中で色々と7年間試してきて「これは効果があった!」と思うものをこれからみなさんにシェアしていきます。

意外と簡単なことなんですが、人によっては難しいかもしれません。自分とどれだけ向き合うかが鍵だと思います。

 

鏡を見る

まずやったことの1つは鏡を見ることです。

鏡?そんなこと?って思うかもしれませんが鏡を見るってすごく効果的なのです。
鏡をまっすぐ見ることができますか?

わたしは大学にはいるまで鏡の自分を見ることができませんでした。

自分の顔が嫌いだったから直視できなかったんです。

美容室って目の前に鏡がありますよね。それさえも見れなかったんですよ。なので雑誌を読んでなるべく鏡をみないようにしていました。

小学生、中学生と自分の顔をまじまじと見たことがなかったかもしれません。見たとしても自分の顔の嫌なところを見つける→自己嫌悪に落ちるというサイクルでした。

つ、つらい

 

でもこれじゃだめだ!と本気で鏡を見る時間を増やしました。

見れば見るほど自分の顔が本当に嫌だったのですがそれでも必死にみます。

ちょうど大学生からメイクを始めたこともあって、自然と鏡を見る時間が増えました。

それに、大学の友達がみんな手鏡を持っていてスキあらば手鏡で自分の顔をチェックしていたんです。

驚きました。

え?そんな自分の顔見ていいの?ナルシストって思わない?

しかし、よく考えると高校のときに可愛かった子もよく鏡を見ていたことと思い出したんです。

鏡をみて自分を整えてました。前髪もしょっちゅう気にして直してました。

そんなことを考えていると「なんだ、鏡を見てもいいんだ」という許可が自分に降りたんですね。

それまでは 鏡をみること=ナルシスト なイメージがあったんですが、そんなことないです。そこから積極的に鏡を見るようになりました。

 

鏡には自分の情報が盛りだくさん

なぜ鏡が効果的かというと、鏡の中には自分の情報が沢山はいっているからです。

例えば自分の可愛く見える角度知ってますか?

自分がどういうふうに笑ったら可愛い?目はどんな形?頬骨は出てる?顔は丸い?たまご型?一重?ふたえ?それとも奥ふたえ?

あなたは何個即答できましたか。

わたしは鏡を全く見ていなかったので、自分の顔なのにまったく自分のことが分かってませんでした。

でも鏡を見るようになって、いろんなことに気がつきました。まゆげの高さが違うとか、アイラインはこう引いたほうが可愛く見えるとか。そうすれば、自分がどういうふうに努力をしていいかわかります。

自分を知るってことからすべてがはじまるんです。

メイクの鏡を大きなものに

鏡に関連して言うと、メイクをするときは大きな鏡を使うことをおすすめします。
小さい鏡だと全体のバランスも見れないし、細かいところに気づきにくくなるので。

 

手鏡を持つ

ちょっとしたときに自分をチェックできるように手鏡を持ちましょう。

例えば強風で前髪がぐっちゃとなったとき、リップを塗り直すときなど、手鏡は日常生活でとても役に立ちます。

人前でサッと手鏡をみたところで「ナルシスト」なんて思いません。女子力がある子なんだなぁ~ぐらいです。

自分のことが嫌いだとなんでもマイナスに考えてしまいますが、世の中はそこまで他人に興味を持ってないです。

気にしないで、自分の顔や髪型など気になれば手鏡を見ましょう。

それに手鏡を見てあげるって自分に手をかけてあげることの1つだと思うんですね。

自分にかけた時間=自分のことを大切にしている度合い だと思っているんですが、手鏡を見るという動作もその大切にすることの1つにつながるのです。

 

可愛い手鏡もあります。持っていて楽しくなるものを使いましょう。

 

自撮りをしまくる

鏡を見ると共通の考え方なんですが、自撮りをしまくることもおすすめしたいです。

恥ずかしいって思うかもしれませんが、ほんとに自撮りの効果は絶大です!

特に「写真に写っている自分が嫌いな人」ほど自撮りしたほうがいいと思います。

それで、できれば加工アプリのSNOWやLINEカメラで自撮りをしましょう。

最初から肌が綺麗になるフィルターが入っているので、普通のカメラで撮ったときよりも自分が綺麗に映ります。

普段よりも綺麗に映るんですが、そのぶん少しだけテンションがあがりませんか?

自分の顔が嫌いな人って自分の顔の嫌なところばっかり見つけてしまうと思うんで、フィルター越しに少しでも可愛い自分を見つけて欲しいんです。

たくさん撮っているうちに「あ、わたし、この角度かわいいかも」「この顔がかわいいかも」と表情の研究もできます。

それで、撮る時のコツなんですが「可愛い♡」って顔をして写ってみてください。

ほんとこれ大事なんですよ。わたしかわいい!!って顔で写るんです。

わかります。無理ですよね。すごい辛いですよね。だって自分の顔が嫌いだから。

それでもやり続けていけば、いつのまにか慣れてきます。
ほんとにこれだけは慣れだと思います。

表情の練習をする

わたしは毎日鏡の前で笑顔の練習をしました。

っていうのも、あまり人生で笑ってこなかったので「笑顔で」と言われてもうまく笑えなかったんですね。

自分が微笑んでると思った動画を見て驚愕したんですよ。
笑ってるって自分で認識していたはずが、全然笑ってなくて笑

あれ?笑ってたはずなのになぁって…

その自分の頭の中の表情と、表情筋の動きを確認するためにも自撮りがとてもおすすめなのです。
暇さえあれば自撮りをしてみてください。

表情ってものすごく大切です。

たとえばめちゃくちゃ美人でもニコリとも笑わなかったらあまり「可愛い」と思わないですよね。それよりも笑顔が素敵な人が100倍も魅力的です。

見た目編

ここからは見た目について書いていきます。てっとり早く変えていけるのは外見です。

外見が変わることで内面も少しずつ変わっていきます。

最初は可愛くしている自分になれなくてそわそわすると思います。でも、外見は手間をかけたぶんだけ効果が現れます。効果が見えてくると楽しくなりますよ!

髪型を変える

髪型はめちゃくちゃ重要です。なぜならば顔の面積より髪の毛の面積の方が広いからです。
私は「可愛くなるぞ!」と決意してからは、雑誌に載っている有名なサロンに行くようになりました。

好きな髪型よりも似合う髪型にすることが重要です。美容師さんと相談しましょう。髪型が変わると本当に印象は変わります。

女優の波留さんですが、昔はロングヘアーだったのを知ってますか?ブレイクしたときはショートですが、見比べるとわかるように全然印象が違います。

ショートヘアの方が垢抜けてみえます。

それから後れ毛を1本出しただけで、とても老けてみえることもあります。

そういうふうに、髪型ひとつで印象って変わるのです。

それに最初のうちは有名サロンに行くことで「わたしは有名サロンに行っている!」という謎の自信もつきます。

ほかの人からしたらどうでもいいことから、少しだけ自信をもらってもいいとわたしは思うんです。

髪の毛のツヤ感

それから、黒髪でも茶髪でも「ツヤ感」が大切です。
ボサボサしていて、パサついてると「子疲れしたお母さん感」がでてしまいますよね笑

朝は、起きて手グシで整えて家を出るなんてこともありましたが、きちんとブローしてツヤツヤのサラサラにすると清潔感がでます。

アイドルの子も女優さんも髪の毛はサラサラですね。

また、ボサボサの髪の毛は生活感がでます。だらしがない子なのかな?と第一印象で思われるのももったいない。

何が何でも髪の毛だけは、綺麗にセットしていると自分自身も居心地がいいです。

私の場合は朝は、アイロンドライアーで外巻きか内巻きにして
プロダクトのオイルをシュッシュとして1分ほどでヘアセットしています。
どちらも便利です。

普段使っているカールドライヤーはこれです。テスコム製。1000円しないで購入できます。

 

プロダクトのオイルはこちら。スプレータイプが楽でおすすめ。

服装を変えてみる

大学生まで黒・灰色の服ばかり着ていました。

そのときの写真をみると暗いし、可愛くないし、ただボーイッシュなだけ。

可愛い黒の着こなしもあるけど、ただ地味。

人は明るい色に目がいきます。

なので、花柄やピンク、パステルの服を買って着てみるようにしたんです。

イメージはTHE女子大生という感じの服を着てみました。

最初はしっくりきませんでした。そもそも似合ってなかったというのもありますが。

しかし、結果的に黒や灰色を着ていたときよりも「自分のこと大切にしている感」をきちんと自分で持てるようになりました。

明るい色の服を着てるだけで気持ちもすこし明るくなるし、それによって自信がすこしついたのかもしれません。

20代後半になってからは服のテイストは変えたものの、あまり黒の服は買わずに明るい色の服を買うようにしてます。

お金がない場合は安くて手頃な服でもいいので、自分が着ていて自信が持てる服。かわいいと思える服なんかを買ってみるといいかもしれません。

アクセサリーをつける

可愛い子や、ツヤ感のある子、おしゃれな子って どこかしらにアクセサリーつけてませんか?

高いものではなくていいです。

300円とか安いものでもいいからつけておくと女度があがります。

とくにイヤリングやピアスは顔周りが華やぐのでマストアイテム。

今までゼロアクセサリーで生きてきましたが習慣化するようにしました。 オシャレ感がグッとあがるように。

メンタル編

ここまで来ると最後はメンタルです。

最初にメンタルから変えようと思っても、人はなかなか難しいので
見た目からのアプローチを今まで書いてきました。

最終的に「今の自分を愛する」ということができればいいのかな、と思ってます。

自分を許していく

可愛くしている自分。可愛くなろうとする自分。

わたしはそんな自分を許せないという気持ちがありました。

どこかで恥ずかしいというか、自分が好きではなかったので、否定していたんですね。

わたしなんかが可愛くなったところでって。

おそらく自分の顔が嫌いな人って、親や周りからあまり褒められた経験がないと思うのでそもそも自己否定が強いと思うんです。

でも、その自己否定をひとつひとつ少しずつ減らしていく作業が大事です。

わたしは自分にこれだけの時間をかけていいんだ。

わたしは自分に手をかけていい。可愛くなっていい。って許してあげてみてください。

誰でも可愛くなっていいし、可愛くなりたいって思っていいのです。

 

自分の気持ちを大切にする

自分のことを少しずつ許していったら、自分の本当の気持ちを大切にしてください。

自分はどうしたいのか。

わたしは自分にそうやってきくと、本当は自分が大好きでありたいし、自分のことをもっと愛してあげたいって本気で思いました。

顔をみれば否定するばかり。

そんなんじゃ自分がかわいそうですよね。自分で自分をいじめているわけですから。

可愛い子って自分の心の声を大切にしていると思います。

大切にしているからこそ、周りからも大切にされるし、そういう自分を好きな人しか周りにいなくなります。

また、そういう自分の気持ちを大切にしていくと表情も変わっていきます。

最初は苦しいです。自分の気持ちさえもわからないし。

でも小さいことからやってみます。

たとえば「今日は飲み会に誘われたけど、本当は行きたくない。断ってみよう」とか

「家事をやらないといけないけど、もう今日は疲れてるからやらない!」とかね。

そういう小さいことから自分の本当の気持ちを大切にしてみます。

周りから言われた言葉や、家族からの言葉にフィルターがかかってしまっている人もいると思いますが

そのフィルターを通さずに、じゃあ自分は何が好きなんだろう?どうしたんだろう?どうありたいんだろう?って考えることがとても大切だと思います。

 

これ、恋愛の本ですが自分の気持ちがわからない人は読んでみると面白いと思います。

 

最後に

長くなりましたが、以上が私が『可愛くなりたい』と思ってから試行錯誤した方法まとめです。
いままで書いた方法はとても地道な作業になると思います。

すぐに圧倒的に可愛くなれるようなノウハウじゃないです。

何も意識しなくてもできる人もいるけど、わたしはできなかったから試行錯誤しました。

でもやってきてよかったな!って心から思えます。だって変わったから。

変わって今の自分が少しでも好きになれたので頑張ってよかったなと思います。

変わりたいと思って行動すればぜったいに変われるっていうのは間違いないです。

この記事がかわいくなるために少しでも役に立てば嬉しいです。

本当は教えたくない3TIPS!脚痩せ&美脚は「むくみ撃退&筋トレ」が効果あり【体験談】 思えば遠くへ来たものだ。 数年前。ウォーキングレッスンに通ってファッションショーに参加したりしていました。 (そんな...
【レビュー】ザセム(the saem)のコンシーラーは密着力が高くて使いやすい! クマとニキビ痕が気になるため、コンシーラーを探していました。 メイク大好きな友達に「オススメのコンシーラーある?」と聞いた...