日記

書き初めからはじまった2018年

 

あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。ってすごく好きな言葉だなと2018年がはじまって思った。

あ、どうも、あけましておめでとうございます。今年もよろしくお願いします。

なんかめでたい。なんか明るい。
でも限られた間しか使えない。

同じく、お誕生日おめでとうも好きな言葉です。相手にとって1年に1回だけのスペシャルな日。嬉しい日。

 

 

元旦に朝起きると一緒に住んでる人が書き初めをしてた。私もせっかくなので道具を借りて書いてみる。

かなり久しぶりに筆を持つ。

習字の時間は後片付けが面倒で好きじゃなかったけど、書き始めてみると楽しかった。

以前「字が下手」って話をしたけど筆だとまあまあ上手く描けるかもしれない。

道具のおかげか雰囲気のおかげか、ボールペンで描く字よりも上手に書ける気がする。

え、なんだ、わたしやれば綺麗にかけるのか。と新年から嬉しい気持ちに。

と、油断していたらやらかしていた。
おもいっきり字を間違えていることに気づく。

「家宝は寝て待て」って書いているではないか!なんというミス…笑

おかげで一生忘れないだろうと思います。
新年そうそう学べました…
そのあとまた書き直し無事に書き初め終わり。

なかなかいい字が残せました。

 

さて、去年のテーマでもあったが、今年もひきつづき「待つこと」をテーマにしながら生きていこうと思う。

待つって難しい。

とにかく前に進んでいるような気になっていないと不安だったので、動き続けてきた数十年。

しかし、前に進んでいるように見えて地獄に向かって落ちていたと気づいたここ数年。

まさにマッドマックス地獄へのデスロード。

 

落ちて落ちて落ちまくって、色んな人の力を借りてようやく現世に引っ張り上げていただいたわけですが。

何度も言いますがとにかくがむしゃらに行動することがいいことではない。

人によってはタイミングがあるのだ。そんなことに気づいたわけです。

なので、これから数年間は「果報は寝て待て」ということで、自分がいままでやってきたことを認めてあげて寝ていたほうがいいような気がするのだ。

でも、この認めてあげるのがなかなかできなかったりしてねー。
待つことがこんなにも大変なんて思ってもみませんでした。

今年も私の中では「焦らない、待つの」とささやき続けるブルゾンちえみがいることでしょう。

また、テーマとは別に字をきれいに書くことも頑張っていきたい。
毎日少しずつでいいから綺麗な字を手に入れるのだ!

それから、時代小説を読むことも引き続き楽しむし
歴史建造物もたくさん観て、神社にもたくさん行く。

すでに今年はたくさん旅に出かける予定がある!
なんて嬉しいことでしょうか。

このブログでも随時更新していけたらいいなと思います。

今年もよろしくお願いします。